サクラを投入する出会い系サイト

サクラ いわゆる「悪徳出会い系サイト」が働く悪徳行為にもいろいろ種類がありますが、もっとも多いと考えられるのが、いわゆる「サクラ」を投入して行う悪徳行為であるといえるでしょう。みなさんはサクラというのをご存知ですか?サクラとは、女性会員になりすました女性スタッフが、男性会員とニセのやり取りを行い、サービスの利用料金をその男性会員から不当にだまし取るという手法になります。数ある悪徳行為の中でも、もっとも軽犯罪にあたる詐欺行為であるといえますが、しかしこれも詐欺行為であることに間違いなく、この行為を許さないという断固たる姿勢が必要になります。
 「サクラなんかにひっかかるわけがない」と思っている男性も多いと思いますが、サクラを行っている男性もお金を騙し取ろうと必死なのです。男性が女性から言われて喜ぶ言葉や、上手くお金を使わせるために一生懸命勉強しています。
 ところが、サイト運営側とすると、サクラを投入することについてはそれほど大きな罪の意識はなく、どちらかといえば、そのサイトの運営を行う上でのひとつのテクニックであるといった程度に考えているのがタチが悪いといえます。だからこそ、どんなことがあってもサクラ行為を許すわけにはいかないのです。
 ただ、それでもなかなかこのサクラ行為がなくならない理由には、やはり男性会員のこころの優しさがひとつのネックになっていると考えられます。つまり、「まあ、ちょっとのお金だし、リアルの出会いもあるかもしれないから、今回はいいか・・・」といった寛容な態度が、そうした悪徳行為を助長しているというのも事実です。詐欺師というのは血も涙もない、金にさえなればなんでもいいと考えている人種ですから、そんな愚かな人種に1円たりとも余分に銭をなげうつのは、賢明な判断とは言えません。
 しかも、サクラというと女性が女性会員になりきって詐欺行為の片棒を担いでいるように感じられるかもしれませんが、実際には男性スタッフが女性会員になりすましてそうした悪徳行為を行っているようなケースもあるくらいです。日本人男性は、相手が女性であるとわかると、ついつい優しくしてしまうところがありますが、そういうケースも想定される詐欺行為にだけは、絶対に引っかかってはいけないという強い気もちで対処する必要があります。

関連する記事

投稿者: T0cvAos